8th Program

8th Central and East Europe Program The Akebono Scholarship will hold an program for those who are motivated to study in Japan . In this program, we will conduct selection in English and determine the quasi-scholarship recipients. Those who are selected as quasi-scholarship recipients will be chosen as scholarship recipients after passing the designated Japanese… Continue reading 8th Program

7th Program

7th Central and East Europe Program The Akebono Scholarship will hold an program for those who are motivated to study in Japan . In this program, we will conduct selection in English and determine the quasi-scholarship recipients. Those who are selected as quasi-scholarship recipients will be chosen as scholarship recipients after passing the designated Japanese… Continue reading 7th Program

6th Program

6th Central and East Europe Program The Akebono Scholarship will hold an program for those who are motivated to study in Japan . In this program, we will conduct selection in English and determine the quasi-scholarship recipients. Those who are selected as quasi-scholarship recipients will be chosen as scholarship recipients after passing the designated Japanese… Continue reading 6th Program

2nd English Program

2nd Central and East Program English selection The Akebono Scholarship will hold an English program for those who are motivated to study in Japan but lack confidence in their Japanese language skills. In this program, we will conduct selection in English and determine the quasi-candidates. Those who are selected as quasi-candidates will be chosen as… Continue reading 2nd English Program

5th Program Application Guidelines

第五回 中東欧プログラム 募集要項 本奨学金は日本語の選考を兼ねておりますため、英語でのご案内は差し控えさせていただきます。 We are going to hold back to provide information of the application in English, because the scholarship includes a Japanese language selection process. 1.奨学金概要 (1) ・月額での給付:最大約20万円/月(家賃、生活費込み)    ただし、家賃(生活費込み)、来日に必要な渡航費、学習環境の構築に必要と認められる経費、の使途に限定する    ※上記金額については資金使途明細の提出が前提となる (2)給付予定対象期間目安:2024年4月~2026年3月ただし、期間はプログラムによって開始時期、終了時期の変更可能性あり (3)給付方法:毎月前月末締め分の1ヶ月間の経費について翌10日までに申請し、月末までに本人名義の金融機関口座へ振込みにて給付。※ 給付日が金融機関等の休業日である場合は、その前営業日に給付 2.応募資格  以下のいずれの各項にも該当する者・奨学生として選出後、日本で生活することができ、学ぶ意欲のある方・日本で生活する上で日本語能力に支障がない方・2023年5月1日時点で、下記対象国の国籍を有し、現在居住されている方 ハンガリー、ブルガリア、ルーマニア、セルビア、コソボ、北マケドニア、アルバニア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア、モルドバ(対象国の国籍を有するも、留学等の理由で他国への居住をされている方も含む。)・2023年5月1日時点で、17歳から35歳である者 3.募集概要 (1)募集日程(予定)一次選考 書類選考:2023年7月14日(金) 午前8時〆切一次選考 結果発表:2023年7月28日(金)午後6時 二次選考 動画選考:2023年8月17日(木)午前8時〆切二次選考 結果発表:2023年8月31日(木)午後6時 三次選考 面接  :2023年9月~10月三次選考 結果発表:2023年10月31日(火)※全て日本時間になります。 (2)募集人数:最大2 ~ 3名程度 4.応募方法  <一次選考>(1) 下記のテーマに沿った応募内容を日本語200文字以上で、当財団ホームページ上から応募できるフォームに必要事項を登録(入力)してください。ただし、応募は本人からに限ります。応募ページ:https://forms.gle/aS9m9SFviJCxH1wLA ※Googleのログインが必要になるため、Googleのアカウントをご用意ください※上記締切時間を過ぎて当財団に届いたものは原則受理いたしません。 (2) 2023年7月28日(金)… Continue reading 5th Program Application Guidelines

1st English Program

1st Central and East Program English selection The Akebono Scholarship will hold an English program for those who are motivated to study in Japan but lack confidence in their Japanese language skills. In this program, we will conduct selection in English and determine the quasi-candidates. Those who are selected as quasi-candidates will be chosen as… Continue reading 1st English Program

4th Program Application Guidelines

第四回 中東欧プログラム 募集要項 本奨学金は日本語の選考を兼ねておりますため、英語でのご案内は差し控えさせていただきます。 We are going to hold back to provide information of the application in English, because the scholarship includes a Japanese language selection process. 1.奨学金概要 (1) ・月額での給付:約20万円/月(家賃、生活費込み)    ・来日に必要な渡航費    ・学習環境の構築に必要と認められる経費    ・上記金額については資金使途明細の提出が前提となる (2)給付予定対象期間:2024年4月~2026年3月ただし、期間はプログラムによって開始時期、終了時期の変更可能性あり (3)給付方法:毎月前月末締め分の1ヶ月間の経費について翌10日までに申請し、月末までに本人名義の金融機関口座へ振込みにて給付。※ 給付日が金融機関等の休業日である場合は、その前営業日に給付 2.応募資格  以下のいずれの各項にも該当する者・奨学生として選出後、日本で生活することができ、学ぶ意欲のある方・日本で生活する上で日本語能力に支障がない方・2022年5月1日時点で、下記対象国の国籍を有し、現在居住されている方 ハンガリー、ブルガリア、ルーマニア、セルビア、コソボ、北マケドニア、アルバニア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア(対象国の国籍を有するも、留学等の理由で他国への居住をされている方も含む。)・2023年5月1日時点で、17歳から35歳である者 3.募集概要 (1)募集日程(予定)一次選考 書類選考:2023年2月17日(金) 午前8時〆切一次選考 結果発表:2023年2月24日(金)午後6時 二次選考 動画選考:2023年3月17日(金)午前8時〆切二次選考 結果発表:2023年3月31日(金)午後6時 三次選考 面接  :2023年4月~5月三次選考 結果発表:2023年5月19日(金)※全て日本時間になります。 (2)募集人数:最大2 ~ 3名程度 4.応募方法  <一次選考>(1) 下記のテーマに沿った応募内容を日本語300文字以上で、当財団ホームページ上から応募できるフォームに必要事項を登録(入力)してください。ただし、応募は本人からに限ります。応募ページ:https://forms.gle/gKHpzRn3Gx8a6FwKA ※Googleのログインが必要になるため、Googleのアカウントをご用意ください※上記締切時間を過ぎて当財団に届いたものは原則受理いたしません。 (2)… Continue reading 4th Program Application Guidelines

Speech Contest 2022

2022年「あけぼの財団×日本語の森 スピーチコンテスト」募集要項 本奨学金は日本語の選考を兼ねておりますため、英語でのご案内は差し控えさせていただきます。 We are going to hold back to provide information of the application in English, because the scholarship includes a Japanese language selection process. 1.趣 旨  あけぼの財団は日本と中東欧の架け橋となる人材を育てるという目的のもと、日本で学ぶ意欲のある方へ奨学金を付与し、日本で学びたい内容に合わせて日本側での学習環境をオーダーメイドで設計、提供しています。あけぼのの森スピーチコンテストでは、中東欧内の若者向けを対象に、学んだ日本語力を生かしながら指定されたテーマに沿ってスピーチをしていただきます。 あけぼの財団と日本語の森株式会社が共催をすることで、多くの方に日本語を生かした機会を提供し、今後の日本留学に向けたキャリア形成サポートと、日本語力向上への支援をいたします。 2.主催  あけぼの財団 日本語の森株式会社 3.応募資格  中東欧10カ国(ハンガリー、ブルガリア、ルーマニア、セルビア、コソボ、北マケドニア、アルバニア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア)の国籍を持つもの。 4.応募期限 2022年8月31日(水)23:59 ※日本時間 5.応募方法  下記のテーマに合ったスピーチ動画を日本語の森公式メール【 info@nihongonomori.com 】に 添付して送付ください。その際、メールのタイトルには「あけぼの財団×日本語の森スピーチコンテスト」と「名前」を記入してください。 ※応募者は「日本語の森」のYouTubeに動画を公開することを許可することとします。動画は一度アップされると削除することができません。 【テーマ】 日本で学びたい内容について ※ 学びたい内容だけではなく、なぜ日本で学びたいのか、学んだことを将来どう活かしたい のかなどを含めた内容とすること。 6.動画作成上の注意 1. 日本語でテーマに合わせた内容のスピーチ動画を作成すること2. 動画の長さは1分〜5分で作成すること3. スピーチの内容に沿ったタイトルをつけること(動画右上に入れること)4. 動画は横向きで撮影すること(背景はなんでも良い)5. 動画は、声がはっきり聞こえる静かな場所で撮影すること6. 応募者が動画の真ん中にいること7. 必ず字幕をつけること8. 動画左上に【あけぼの財団×日本語の森スピーチコンテスト】と入れること9. 【あけぼの財団×日本語の森スピーチコンテスト】の下に応募者の【国籍】【名前】を入   れること10. スピーチの内容は未発表のものであること。11. 著作権に配慮し、個人名や具体的な店名・事務所名は記載しないこと (例:〇〇保育園→保育所、△△△イレブン→コンビニ)  ※作成方法の③⑦⑧⑨は、動画の最初から最後までつけてください。 7.審査基準 応募者から提出された動画を用いて選考を行います。 ①テーマに沿った発表流されているか ②帰国後に何を実現したいか、そして実現のために日本でどのようなことを学びたいのか。 ③日本語能力 などを確認させていただきます 8.発表 入選者は9月10日にあけぼの財団のHPで発表をいたします。 9.賞   入選者に対しては、あけぼの財団及び日本語の森より賞を授与する。 【あけぼの森賞】最大5名:「あけぼの財団 中東欧プログラム奨学生募集」の三次選考(面接)への進出権利とネット講義1年分(日本語の森提供) 【あけぼの賞】最大5名:「あけぼの財団 中東欧プログラム奨学生募集」の三次選考(面接)への進出権利 【日本語の森賞】最大5名:ネット講義一年分(日本語の森提供) ※ただし、審査基準に満たない場合、「あけぼの財団×日本語の森スピーチコンテスト」の  入選者を選ばないこともある。 10.賞の詳細 「あけぼの森賞」と「あけぼの賞」に入選された方は、あけぼの財団の一次選考・二次選考を合格したものとし、あけぼの財団の「中東欧プログラム奨学生募集」の三次選考(面接)に進むことができる。この三次選考に合格した方は、月20万円の奨学金を2年間もらいながら、日本で勉強することができる。 ※ただし、審査基準に満たない場合、「中東欧プログラム奨学生募集」の合格者を選ばない  こともある。また、三次選考前には、スピーチコンテストの内容を確認するためのオンライン面談を実施いたします。 11.問い合わせ先 日本語の森株式会社 あけぼの財団×日本語の森スピーチコンテスト事務局info@nihongonomori.com(担当:松本ありさ) 12.後援 決まり次第、こちらに記載いたします

3rd Program

第三回 中東欧プログラム 募集要項 本奨学金は日本語の選考を兼ねておりますため、英語でのご案内は差し控えさせていただきます。 We are going to hold back to provide information of the application in English, because the scholarship includes a Japanese language selection process. 1.奨学金概要 (1) ・月額での給付:約20万円/月(家賃、生活費込み)    ・来日に必要な渡航費    ・学習環境の構築に必要と認められる経費    ・上記金額については資金使途明細の提出が前提となる (2)給付予定対象期間:2024年4月~2026年3月ただし、期間はプログラムによって開始時期、終了時期の変更可能性あり (3)給付方法:毎月前月末締め分の1ヶ月間の経費について翌10日までに申請し、月末までに本人名義の金融機関口座へ振込みにて給付。※ 給付日が金融機関等の休業日である場合は、その前営業日に給付 2.応募資格  以下のいずれの各項にも該当する者・奨学生として選出後、日本で生活することができ、学ぶ意欲のある方・日本で生活する上で日本語能力に支障がない方・2022年5月1日時点で、下記対象国の国籍を有し、現在居住されている方 ハンガリー、ブルガリア、ルーマニア、セルビア、コソボ、北マケドニア、アルバニア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア(対象国の国籍を有するも、留学等の理由で他国への居住をされている方も含む。)・2021年5月1日時点で、17歳から35歳である者 3.募集概要 一次選考 書類選考:2022年6月 18 日(土) 午前8時〆切一次選考 結果発表:2022年7月29日(金)午後6時 二次選考 動画選考:2022年8月19日(金)午前8時〆切二次選考 結果発表:2022年9月2日(金)午後6時 三次選考 面接  :2022年9月 24日(土)~10月10日(月)三次選考 結果発表:2022年10月18日(火)午後6時 (2)募集人数:最大2 ~ 3名程度 4.応募方法  <一次選考>(1)… Continue reading 3rd Program

Akebono Essay Contest

本コンクールは日本語での募集のため、英語でのご案内は差し控えさせていただきます。 We are going to hold back to provide information of the application in English, because This competition is open in Japanese. 1.趣 旨  あけぼの財団は日本と中東欧の架け橋となる人材を育てるという目的のもと、日本で学ぶ意欲のある方へ奨学金を付与し、日本で学びたい内容に合わせて日本側での学習環境をオーダーメイドで設計、提供しています。あけぼの作文コンクールでは、中東欧内の若者向けを対象に、日本で学んだ経験や将来のキャリアに関する作文の募集を通じて、日本での経験の言語化による発信や、母国でのキャリアプランを共有することで、日本留学を望む学生へのキャリアプランの具体化を助長し、日本での経験を生かしたキャリア形成のサポートに繋げることで、日本を媒介にした国際人脈が築かれることを期待しています。 2.主 催  あけぼの財団 3.後 援  ・リスト・ハンガリー文化センター ・Károli Gáspár Református Egyetem(カーロリ大学) ・Sveučilište Jurja Dobrile u Puli(プーラ大学) ・岩手めんこいテレビ 4.作文の内容 作文の内容は、該当する部に応じてテーマが異なります。【テーマ】(1)日本留学未経験者の部  留学したら実現したいこと(2)日本留学経験者の部  私が日本の留学で実現できたこと 5.作文の題名  作文の内容に沿った「題名」を付けること。 6.応募資格 (1) 日本留学未経験の部  中東欧10カ国(ハンガリー、ブルガリア、ルーマニア、セルビア、コソボ、北マケドニア、アルバニア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア)の国籍を持つ、高校、大学院、大学に在籍している学生で、まだ日本に留学した経験がない者。日本に9ヶ月未満の留学をしていた者も含まれる。 (2) 日本留学経験者の部  中東欧10カ国(ハンガリー、ブルガリア、ルーマニア、セルビア、コソボ、北マケドニア、アルバニア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア)の国籍を持ち、日本に現在留学をしている者。過去に、短期留学、交換留学、自費留学等で日本に9ヶ月以上在籍していた者も対象とする。ワーキングホリデー、観光目的などでの滞在は含まれない。 7.応募期限 2022年2月28日(月)19:00 ※日本時間 8.応募方法・作成上の注意 (1) 作成上の注意 ア… Continue reading Akebono Essay Contest