Akebono Essay Contest

2022年春「あけぼの作文コンクール」募集要項

本コンクールは日本語での募集のため、英語でのご案内は差し控えさせていただきます。

We are going to hold back to provide information of the application in English, because This competition is open in Japanese.


1.趣 旨

 あけぼの財団は日本と中東欧の架け橋となる人材を育てるという目的のもと、日本で学ぶ意欲のある方へ奨学金を付与し、日本で学びたい内容に合わせて日本側での学習環境をオーダーメイドで設計、提供しています。あけぼの作文コンクールでは、中東欧内の若者向けを対象に、日本で学んだ経験や将来のキャリアに関する作文の募集を通じて、日本での経験の言語化による発信や、母国でのキャリアプランを共有することで、日本留学を望む学生へのキャリアプランの具体化を助長し、日本での経験を生かしたキャリア形成のサポートに繋げることで、日本を媒介にした国際人脈が築かれることを期待しています。

2.主 催

 あけぼの財団

3.後 援

 ・リスト・ハンガリー文化センター
 ・Károli Gáspár Református Egyetem(カーロリ大学)
 ・Sveučilište Jurja Dobrile u Puli(プーラ大学)
 ・岩手めんこいテレビ

4.作文の内容

作文の内容は、該当する部に応じてテーマが異なります。
【テーマ】
(1)日本留学未経験者の部
  留学したら実現したいこと
(2)日本留学経験者の部
  私が日本の留学で実現できたこと

5.作文の題名

 作文の内容に沿った「題名」を付けること。

6.応募資格

(1) 日本留学未経験の部

  中東欧10カ国(ハンガリー、ブルガリア、ルーマニア、セルビア、コソボ、北マケドニア、アルバニア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア)の国籍を持つ、高校、大学院、大学に在籍している学生で、まだ日本に留学した経験がない者。日本に9ヶ月未満の留学をしていた者も含まれる。

(2) 日本留学経験者の部

 中東欧10カ国(ハンガリー、ブルガリア、ルーマニア、セルビア、コソボ、北マケドニア、アルバニア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア)の国籍を持ち、日本に現在留学をしている者。過去に、短期留学、交換留学、自費留学等で日本に9ヶ月以上在籍していた者も対象とする。ワーキングホリデー、観光目的などでの滞在は含まれない。

7.応募期限

2022年2月28日(月)19:00 ※日本時間

8.応募方法・作成上の注意

(1) 作成上の注意

ア 日本語にて文章を作成する
イ 文字数は1,500文字以上3,000文字以下とする。
ウ 応募はGoogleフォームにて、応募を行う。同一人物より、複数回申し込みがあった場合は、失格と見なし選考の対象にはならない。また、明らかに翻訳ソフトを使用されたと見受けられる場合も、失格と見なし選考の対象にはならない。

応募ページ:https://forms.gle/6NzuW4udUSS9JVGG8

9.発 表

 入選者は3月中旬頃にあけぼの財団のHP上で発表をいたします。また、入選者の作文はあけぼの財団のHPに掲載する。なお、入選作品の掲載に際し人権上の配慮等が必要な場合、事務局の判断において、その趣旨を損なわない範囲で字句の削除や修正等をすることがある。

10.優秀作文の選考

 日本留学未経験者の部と日本留学経験者の部について優秀作と佳作をそれぞれ選ぶ。また、入選者に対して財団より賞状並びに副賞を授与する。

11.副賞

(1) 日本留学未経験者の部
[優秀作 1作品]賞金3万円分の日本に関する書籍
[佳作 若干作品]賞金1万円分の日本に関する書籍

(2) 日本留学経験者の部
[優秀作 1作品]賞金5万円
[佳作 若干作品]賞金2万円

12.その他

(1) 応募作文は、未発表のものであること。
(2) 応募作文は返却しない。
(3) 応募作文の著作権は、あけぼの財団に帰属するものとする。
(4) 作文中には個人名や具体的な店名、事業所名は記載せず、一般的な名称を記載するよう にすること(例:○○保育園→保育所、△△△イレブン→コンビニ)。

12.問い合わせ先

あけぼの奨学金 日本事務局 (担当:鈴木)
info@akebono-foundation.org